著:ジャン・ジオノ
訳:山本省
105×150ミリ 文庫
250ページ/ソフトカバー
発行:岩波書店
刊行日:2012/2/16
ISBN:9784003751251
価格:¥648(税込)
在庫あり
お支払い・商品の配送について
舞台は、美しくも厳しい自然と対峙するフランス高地プロヴァンスの小さな集落。死の床についている長老・ジャネがうわ言のようにいう「森も、空も、草木も、丘も生きているのだ」 ジャネの言葉から村人たちは、人間が木を切断することは、その樹木を殺しているのかもしれないと問い、自然の異変を感じ取っていく。自然の息吹に敏感であること、人間中心ではなく、もっと自然を尊重して、自然と調和しながら生きる人間を描きたいと願っていた著者による本作品は、現代日本に生きる私たちへのメッセージをも感じてしまう。「世界の歌」が聞こえてくるような文学を目指していたジャン・ジオノの処女作。