ジョルジョ・モランディ
監修:岡田温司
190×234ページ A4
159ページ/ソフトカバー
発行:フォイル
刊行日:2011/11/25
ISBN:9784902943634
価格:¥3,240(税込)
在庫あり
お支払い・商品の配送について
20世紀イタリア美術史において最も重要視される画家のひとりであるジョルジョ・モランディ(1890-1964)。ボローニャの自宅のアトリエで壜や壺を描き続け「孤高の芸術家」と呼ばれた生涯。日本で初めての作品集となる本書では、約70点のモランディ作品のほか、須賀敦子全集の装丁でも知られる写真家・ルイジ・ギッリによるモランディのアトリエを撮影した〈アトリエ・モランディ〉シリーズ17点や、気鋭の西洋美術史研究者・岡田温司、堀江敏幸、岡崎乾二郎をはじめとする豊富なテキストも収録。なぜ同じ壜や壺を繰り返し描きつづけたのか—今なお謎の多いモランディの真実を探ります。